読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレオレvimrc紹介

memo memo-Linux memo-windows

vimrc
 

" add by me

set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set fileformats=unix,dos,mac

" set number
set number

" :vim <str> %
nnoremap [q :cprevious<CR> " 前へ
nnoremap ]q :cnext<CR> " 次へ
nnoremap [Q :<C-u>cfirst<CR> " 最初へ
nnoremap ]Q :<C-u>clast<CR> " 最後へ

" vim -b
augroup BinaryXXD
autocmd!
autocmd BufReadPre *.bin let &binary =1
autocmd BufReadPost * if &binary | silent %!xxd -g 1
autocmd BufReadPost * set ft=xxd | endif
"autocmd BufWritePre * if excute "%!xxd -r" | endif
autocmd BufWritePost * if &binary | silent %!xxd -g 1
autocmd BufWritePost * set nomod | endif
augroup END

" ビジュアルモードで選択したテキストが、クリップボードに入るようにする
" http://nanasi.jp/articles/howto/editing/clipboard.html
" set clipboard=autoselect

" 無名レジスタに入るデータを、*レジスタにも入れる。
" set clipboard+=unnamed
set clipboard=unnamedplus

"add by me

" setting
"文字コードをUFT-8に設定
set fenc=utf-8
" バックアップファイルを作らない
set nobackup
" スワップファイルを作らない
set noswapfile
" 編集中のファイルが変更されたら自動で読み直す
set autoread
" バッファが編集中でもその他のファイルを開けるように
set hidden
" 入力中のコマンドをステータスに表示する
set showcmd


" 見た目系
" 行番号を表示
set number
" 現在の行を強調表示
set cursorline
" 現在の行を強調表示(縦)
set cursorcolumn
" 行末の1文字先までカーソルを移動できるように
set virtualedit=block
" インデントはスマートインデント
set smartindent
" ビープ音を可視化
set visualbell
" 括弧入力時の対応する括弧を表示
set showmatch
" ステータスラインを常に表示
set laststatus=2
" コマンドラインの補完
set wildmode=list:longest
" 折り返し時に表示行単位での移動できるようにする
nnoremap j gj
nnoremap k gk


" Tab系
" 不可視文字を可視化(タブが「▸-」と表示される)
"set list
"set listchars=tab:>-,extends:<,trail:-
"set listchars=extends:<,trail:-
" Tab文字を半角スペースにする
"set expandtab
" 行頭以外のTab文字の表示幅(スペースいくつ分)
set tabstop=4
" 行頭でのTab文字の表示幅
set shiftwidth=4


" 検索系
" 検索文字列が小文字の場合は大文字小文字を区別なく検索する
set ignorecase
" 検索文字列に大文字が含まれている場合は区別して検索する
set smartcase
" 検索文字列入力時に順次対象文字列にヒットさせる
set incsearch
" 検索時に最後まで行ったら最初に戻る
set wrapscan
" 検索語をハイライト表示
set hlsearch
" ESC連打でハイライト解除
nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>
" カーソルの回り込みができるようになる
set whichwrap=b,s,[,],<,>
"バックスペースを、空白、行末、行頭でも使えるようにする
set backspace=indent,eol,start

let mapleader = "\<Space>"
nnoremap <Leader>w :w<CR>

noremap h j
noremap t gk
noremap d <left>
noremap n <right>
inoremap <C-w> <esc>
noremap ` n
noremap q d

highlight CursorColumn ctermbg=Black
"highlight CursorLine ctermbg=Black

"windows限定
"日本語英語固定
noremap <C-c> <C-^>
inoremap <C-c> <C-^>

vmap <Leader>y "+y
vmap <Leader>d "+d
nmap <Leader>p "+p
nmap <Leader>P "+P
vmap <Leader>p "+p
vmap <Leader>P "+P

 
gvimrc
 

" フォントをRictyに指定 Windows
"set guifont=Ricty:h14:cSHIFTJIS

"色系の指定=======================================
"とりあえずscheme指定でザックリ指定
colorscheme evening

" 開いたら全画面 windows版のみ
autocmd GUIEnter * simalt ~x

let mapleader = "\<Space>"

noremap h j
noremap t gk
noremap d <left>
noremap n <right>
inoremap <C-w> <esc>
noremap ` n
noremap q d

highlight CursorColumn ctermbg=Black
"highlight CursorLine ctermbg=Black

"windows限定
"日本語英語固定
noremap <C-c> <C-^>
inoremap <C-c> <C-^>

nnoremap <Leader>w :w<CR>
vmap <Leader>y "+y
vmap <Leader>d "+d
nmap <Leader>p "+p
nmap <Leader>P "+P
vmap <Leader>p "+p
vmap <Leader>P "+P