読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rmで削除してしまったファイルの復元方法(ext3/ext4)

memo memo-Linux

ext4magicを用いる。

# apt-get -y install ext4magic

# cd ~/Downloads

# mkdir ext4magic

# cd ext4magic

wget http://downloads.sourceforge.net/project/ext4magic/ext4magic-0.3.2.tar.gz

# tar xzvf ext4magic-0.3.2.tar.gz

# cd ext4magic-0.3.2

# ./configure

以上でext4magicの導入完了

# df -hT

削除してしまったファイルが存在するファイルシステムを確認

# cd [削除してしまったファイルが存在するファイルシステム以外のファイルシステムのパス]

# ext4magic [削除してしまったファイルが存在するファイルシステムのパス] -l | grep [削除してしまったファイルのパスまたはファイル名]

# ext4magic [削除してしまったファイルが存在するファイルシステムのパス] -L | grep [削除してしまったファイルのパスまたはファイル名]

以上でリストに出力されれば、復元可能である。

# ext4magic [削除してしまったファイルが存在するファイルシステムのパス] -r -f [削除してしまったファイルのパス(リストに出力されたパス)]

これで、カレントディレクトリに作成されたRECOVERDIRの中に復元されている。

 

Enjoy!

pythonへのmatplotlibの導入でつまづいたところの解決策(Linux)

memo memo-Linux

cat > matplot.py
"""
# -*- coding: utf--
import matplotlib
import matplotlib.pyplot as plt

def main():
fig = plt.figure()
ax = fig.add_subplot(
# 始点(0.2)で幅が0.2, 高さが0.4の長方形を描画
rect = plt.Rectangle((0.2),0.2,0.4,fc="#770000")
ax.add_patch(rect)
plt.show()

if __name__ == '__main__':
main()
とりあえずmatploitlibを使用したコードを書いておく。
これが動けば成功。
"""
python matploit.py
"""
まぁもちろん動かない。
"""
chmod +x matploit.py
"""
実行権限を与えても
"""
python matploit.py
"""
もちろん動かない。
さて、matploitlibのパッケージを入れるか。
"""
pip install matplotlib
"""
エラー。
freetypeとlibpngを入れればいいらしい。
軽くggってみたらbrewを使用すれば導入できるらしい。
"""
brew install freetype
"""
brewが入ってないので入れる。
"""
apt-cache search freetype | grep dev
apt-get install libfreetype6-dev
apt-get install libfreetype6-dev libxft-dev
apt-get install blt-dev
pip install matploitlib
"""
apt-getでどうにか入れられないか試してみる。
"""
python matploit.py
"""
やっぱ無理っぽい。
"""
pip install numpy
"""
どうやらmatploitlibはnumpyというライブラリに依存しているらしいのでまずnumpyを入れることにする。
numpyはすんなり入った。
"""
pip install matplotlib
"""
またもやエラー。
"""
apt-get install build-essential curl git m4 ruby texinfo libbz2-dev libcurl4-openssl-dev libexpat-dev libncurses-dev zlib1g-dev
"""
大人しく素直にbrewを入れることにする。
まずはbrewの依存パッケージを導入。
しかしここではpkg --configure -aしろとエラーが出る。
"""
dpkg --configure -a
apt-get -y install build-essential curl git m4 ruby texinfo libbz2-dev libcurl4-openssl-dev libexpat-dev libncurses-dev zlib1g-dev
"""
言われた通りにしたらうまく入った。
"""
git clone https://github.com/Homebrew/linuxbrew.git ~/.linuxbrew
"""
そしてbrew本体。gitから落としてくる。
"""
vim ~/.bashrc
"""
export PATH="$HOME/.linuxbrew/bin:$PATH"
export LD_LIBRARY_PATH="$HOME/.linuxbrew/lib:$LD_LIBRARY_PATH"

を追記。
"""
source ~/.bashrc
"""
再読み込み。
"""
brew install freetype
brew install libpng
"""
おお、brewlinuxで使えている
"""
pip install matplotlib
"""
あれ...? できねぇじゃん...ちゃんとfreetypeとlibpng入ってるのかな?
"""
apt-get -y install libfreetype6-dev
apt-get -y install libpng-dev
"""
結局brew使わなくてもできるらしいじゃねぇかならaptでやるわ
"""
pip install matplotlib
"""
おぉ、うまくいった
"""
python matplot.py
"""
いぇい
"""

 

まとめ

pip install numpy

apt-get -y install libfreetype6-dev
apt-get -y install libpng-dev

pip install matplotlib

をやるだけ。

 

Enjoy!

仮想環境のLinuxとホストのWindowsの間で共有フォルダを作成する方法

memo memo-Linux

1.Windowsでの設定
任意の場所に共有フォルダを作成する(今回は名前をShareとする)
Shareを右クリック
プロパティ
共有タブ
詳細な共有
このフォルダを共有するにチェック
アクセス許可
Everyoneにフルコントロールを与える
OK
セキュリティタブ
編集
追加
ホスト名\ユーザー名
(ホスト名の確認の方法はcmdでipconfig /all)
名前の確認
(下線が入ったことを確認)
OK

2.Linuxでの設定
apt-get install cifs-utils
mkdir -p /mnt/windows
windows側のユーザー名がuser01、パスワードがpasspass、IPアドレスが192.168.11.1、共有フォルダの名前がShareだった場合は)
mount -t cifs -o username=user01,password=passpass //192.168.11.1/Share /mnt/windows

 

参考URL:

https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_15.04&p=samba

 

つまづいたら、VMware側の設定のオプションの共有フォルダの部分をいじくるなり、Linux側でもう一度そのディレクトリに入りなおすなりしてみてください。

 

Enjoy!

vmwaretools アンインストール方法

memo memo-Linux

# /usr/bin/vmware-uninstall-tools.pl

open-vm-tools インストール方法

memo memo-Linux

(vmwaretoolsインストール済みの人は以下の記事を参照にアンインストールしてから行ってください)↓

ta1se1.hatenablog.com

 

# apt-get -y install open-vm-tools

# apt-get -y install open-vm-tools-desktop

#reboot

CentOSにopen-vm-toolsを入れようとしても”利用できません”と出てインストールできない

# rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

オレオレvimrc紹介

memo memo-Linux memo-windows

vimrc
 

" add by me

set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set fileformats=unix,dos,mac

" set number
set number

" :vim <str> %
nnoremap [q :cprevious<CR> " 前へ
nnoremap ]q :cnext<CR> " 次へ
nnoremap [Q :<C-u>cfirst<CR> " 最初へ
nnoremap ]Q :<C-u>clast<CR> " 最後へ

" vim -b
augroup BinaryXXD
autocmd!
autocmd BufReadPre *.bin let &binary =1
autocmd BufReadPost * if &binary | silent %!xxd -g 1
autocmd BufReadPost * set ft=xxd | endif
"autocmd BufWritePre * if excute "%!xxd -r" | endif
autocmd BufWritePost * if &binary | silent %!xxd -g 1
autocmd BufWritePost * set nomod | endif
augroup END

" ビジュアルモードで選択したテキストが、クリップボードに入るようにする
" http://nanasi.jp/articles/howto/editing/clipboard.html
" set clipboard=autoselect

" 無名レジスタに入るデータを、*レジスタにも入れる。
" set clipboard+=unnamed
set clipboard=unnamedplus

"add by me

" setting
"文字コードをUFT-8に設定
set fenc=utf-8
" バックアップファイルを作らない
set nobackup
" スワップファイルを作らない
set noswapfile
" 編集中のファイルが変更されたら自動で読み直す
set autoread
" バッファが編集中でもその他のファイルを開けるように
set hidden
" 入力中のコマンドをステータスに表示する
set showcmd


" 見た目系
" 行番号を表示
set number
" 現在の行を強調表示
set cursorline
" 現在の行を強調表示(縦)
set cursorcolumn
" 行末の1文字先までカーソルを移動できるように
set virtualedit=block
" インデントはスマートインデント
set smartindent
" ビープ音を可視化
set visualbell
" 括弧入力時の対応する括弧を表示
set showmatch
" ステータスラインを常に表示
set laststatus=2
" コマンドラインの補完
set wildmode=list:longest
" 折り返し時に表示行単位での移動できるようにする
nnoremap j gj
nnoremap k gk


" Tab系
" 不可視文字を可視化(タブが「▸-」と表示される)
"set list
"set listchars=tab:>-,extends:<,trail:-
"set listchars=extends:<,trail:-
" Tab文字を半角スペースにする
"set expandtab
" 行頭以外のTab文字の表示幅(スペースいくつ分)
set tabstop=4
" 行頭でのTab文字の表示幅
set shiftwidth=4


" 検索系
" 検索文字列が小文字の場合は大文字小文字を区別なく検索する
set ignorecase
" 検索文字列に大文字が含まれている場合は区別して検索する
set smartcase
" 検索文字列入力時に順次対象文字列にヒットさせる
set incsearch
" 検索時に最後まで行ったら最初に戻る
set wrapscan
" 検索語をハイライト表示
set hlsearch
" ESC連打でハイライト解除
nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>
" カーソルの回り込みができるようになる
set whichwrap=b,s,[,],<,>
"バックスペースを、空白、行末、行頭でも使えるようにする
set backspace=indent,eol,start

let mapleader = "\<Space>"
nnoremap <Leader>w :w<CR>

noremap h j
noremap t gk
noremap d <left>
noremap n <right>
inoremap <C-w> <esc>
noremap ` n
noremap q d

highlight CursorColumn ctermbg=Black
"highlight CursorLine ctermbg=Black

"windows限定
"日本語英語固定
noremap <C-c> <C-^>
inoremap <C-c> <C-^>

vmap <Leader>y "+y
vmap <Leader>d "+d
nmap <Leader>p "+p
nmap <Leader>P "+P
vmap <Leader>p "+p
vmap <Leader>P "+P

 
gvimrc
 

" フォントをRictyに指定 Windows
"set guifont=Ricty:h14:cSHIFTJIS

"色系の指定=======================================
"とりあえずscheme指定でザックリ指定
colorscheme evening

" 開いたら全画面 windows版のみ
autocmd GUIEnter * simalt ~x

let mapleader = "\<Space>"

noremap h j
noremap t gk
noremap d <left>
noremap n <right>
inoremap <C-w> <esc>
noremap ` n
noremap q d

highlight CursorColumn ctermbg=Black
"highlight CursorLine ctermbg=Black

"windows限定
"日本語英語固定
noremap <C-c> <C-^>
inoremap <C-c> <C-^>

nnoremap <Leader>w :w<CR>
vmap <Leader>y "+y
vmap <Leader>d "+d
nmap <Leader>p "+p
nmap <Leader>P "+P
vmap <Leader>p "+p
vmap <Leader>P "+P